吹き抜けしたので、冬は暖房・夏はエアコンがなかなか効かない

新築で家を建てたのですが、天井が高いことによって、空間が広く感じることと、二階からの光が差し込んで、部屋全体が明るくなるだろうなと思ったことと、子どもが二人いるのですが、思春期や反抗期などをむかえて、会話や接点が少なくなってしまったとしても、最低でも1日1回は顔を合わせることが出来るようにと、あと知人や友人を家に招いた時などに、誰が来たのかをきちんと把握することができるようにと思い、廊下から二階へ上がるときには、必ずリビングを通る作りにして、吹き抜けにしました。

しかし、いざ生活してみると、夏場はエアコンの風が二階に上がっていってしまって、部屋が涼しく冷えるまでは時間がかかるし、冬になると二階からのひんやりとした冷たい風がどんどん入ってきて、部屋はなかなか暖かくなりません。

暖かくなったと思っても、ときおり冷たい風が降りてきて寒さを感じます。階段はつねに寒いです。

なので、空調のエネルギー効率がとても悪くて、1年中の光熱費がとても高くついてしまって、大出費の原因の1つになっています。

さらに、下の部屋での話し声が反響して、二階まで筒抜け状態です。

今となってはもう遅いのですが、吹き抜けではなく、普通の作りにすればよかったなと、とても後悔しています。

詳しく調べたい方はこちら⇒習志野市の注文住宅