飼い猫のおしっこの回数に注意!

こんにちは!

実は猫って膀胱や腎臓の病気になる子が多いんです。

うちで飼っている猫も10分に一回トイレに行くのにまったく出てなくて病院にいきました。

毎日掃除をしている時にしっかりおしっこが出ているかと頻繁にトイレに行かないかを確認してあげるといいです。

もし、様子がおかしかったら早めに病院につれていってあげましょう。

早いうちならば抗生剤の投与のみで治療が終わることもありますよ。

尿中にストルバイト結晶があると餌を変えたほうがいいといわれるかもしれません。

このストルバイト結晶は多くなると尿道に詰まって排尿障害(いわゆる尿路結石です)を起こすことがあります。

大きいものが詰まってしまうと開腹手術になってしまうこともあるようなので注意が必要です。

対策としては尿のPHがアルカリ性になると産生されやすくなるといわれているので、酸性に傾けるようにしてあげるとストルバイトは産生されにくくできるようです。

餌によって少し産生されやすいものだったりというものもあるので、尿路結石になってしまった猫は餌をPH管理できるものや下部尿路対策のものをあげるようにします。

猫用の療法食も多いので病院では勧められるようになるかもしれませんね。

検査では尿道にカテーテルを挿入して尿を取ります。

このときにカテーテルが入りにくかったり痛がったりすると詰まっているという診断になります。

採取した尿中にストルバイトが発見されると結石になりかけという診断になります。

見つからなければ膀胱炎という診断になり、抗生剤の投与となります。

もしも排尿障害になってしまうと尿の毒素が体内に戻って生命に関わってくる場合もあるのでおかしいと思ったらすぐに病院に行くようにしましょう。

こちらもおすすめ⇒カナガン 最安値